ブログ

岡山県『ギャラリー栂(とが)+蕎麦栂』
日々のお知らせと、思い。
新蕎麦と美味しいうつわ展

10月3日より始まりました、「新蕎麦と美味しいうつわ展」

うつわ好きの皆様にご来店頂きたく、4工房7名の作家の

美味しいうつわを展示致しました。

栂でのうつわ展は久しぶりですので、少々緊張しています。

が、、、好きなうつわの展示作業は幸せのひとときでした。

 

どれもこれも欲しくなる私💦

 

あのお料理、これにはお野菜が似合うかな? と

妄想がどんどん膨らんでしまいます。

 

↑ 備前市 ゆう工房 三島手浅鉢

この大きさと深さはいろいろなお料理を受け入れて

くれるとても使いやすい鉢です。

 

 

↑ 濱田窯  酒器

秋の夜長、ひとりのんびりお酒を楽しんで頂きたい!

オシャレな酒器です。

 

今回のうつわ展「美味しいうつわ」の意味ですが、

(いつも同じこと言っています私)

うつわの力で、普通の家庭料理がとても素敵に変身します。

そして食べる人に「美味しそう〜!」と感じる力添えを

してくれます。

そして、今回のうつわ達は

長い目で見て頂ければ育てがいのあるうつわばかりです。

 

今回は数に限りがございます、どうぞお早めに

お出かけ下さいませ。

 

 

 

 

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
新蕎麦と美味しいうつわ展作家紹介

 

 

 

ギャラリー栂、久々のうつわ展がまもなく始まります。

うつわの良さを言葉でお伝えしきれない為、今は

ともかく実物をご覧いただきたい!!との思いいっぱいです。

またさらに、始まります前に参考にして頂ければと思い

各ホームページを載せています。

是非ご覧ください。

 

《新蕎麦と美味しいうつわ展》作家紹介

 

◆ゆう工房

http://www.kaneshige-yuho.com/yu-kobo/

備前焼作家 金重有邦氏の元でうつわ作りに励まれています。

金重周作・金重陽作・齋藤 理

それぞれが個性豊かなうつわ作りをされています。

 

◆花祭窯  藤吉憲典

http://fujiyoshikensuke.com/jp/

福岡県福津在住

染付・色絵の美しいうつわを出展していただきます。

特に蕎麦猪口は是非是非お手に取ってご覧いただき物ばかりです。

 

◆濱田窯  濱田正明・霤塚杙

※ホームページ無

北九州市門司区在住

濱田窯さんと栂ののお付き合いは既に10年

2年前より、蕎麦栂のうつわをお願いしています。

ご夫妻が作られるうつわは、栗原はるみさんの

本の中でも沢山ご紹介されているうつわです。

 

栂の準備不足のため、案内状にはご紹介出来ていませんが

今回是非ご紹介したいと思っていた作家です。

◆廣政 毅

https://ty-hiromasa.jimdo.com/

兵庫県川西市在住

2年前から廣政んさんのうつわに魅力を感じ、いつか栂で

ご紹介させて頂きたいと考えていました。

今現在は、やはり蕎麦栂にて蕎麦用の丼を使っています。

若い感性溢れるうつわを出展していただきます。

 

栂では久々のうつわ展です。

ご高覧いただければ幸いです。

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -
新蕎麦の季節到来

今夏の暑さに、

少々体がへこたれてきつつあった8月末。

やっと涼しい空気に元気取り戻し、9月入り。

そして、

いつものように駆け足で日が過ぎる日々に、

焦りつつ。。。

今行かねば!と10月の作品展の打ち合わせに

福岡へ行って来ました。

門司港駅

早朝和気から電車乗り継ぎ門司港駅着いたのが

10時。

プラットホームに下り立つと、駅全体がレトロ感満載。

ホームの屋根は、まだ木造のまんまで、

線路止めの看板下の雑草に、親しみを感じました。

他の駅舎がどんどんモダンで新しくなるのとは

正反対を狙ってのレトロ駅舎維持は、きっと

この場所は、「時間よとまれ!」でしょうね。

濱田窯さん

濱田窯さんの工房へお邪魔するのは何年ぶり?

か・・・思い出せないご無沙汰でした。

森の中の工房は、緑に囲まれ静かで

気持ちの良いいい空気に包まれていて

ここも変わってない。。。例えるなら

トトロがいても可笑しくない場所です。

 

普段遠方を理由に、

電話やメールで仕事をお願いしていました。が・・・

久々にお訪ねし、濱田窯さんの空気に触れ

展示作品と工房の匂いに、訪れて良かった!と

作品展に向かう気持ちが、

お陰で引き締まりました。

工房の展示場に並ぶ作品に、

心躍る私がいて、幸せ気分に浸ること1時間。

一時間では時間が足りません。

しかし、打ち合わせを何とか済ませ

 

スパゲティーランチ

次への移動予定をお伝えすると、

「早めのランチしましょう!!」とご配慮の言葉。

そして、濱田さん自らフライパンを振って

下さったスパゲティーランチ。

使われた器は、もちろんご夫妻の作品です。

どれも美しく、美味しく、

満ち足りた気持ちでいっぱいになったお昼の

美味しい時間。 

仕事で伺ったはずなのに・・・

 

これは役得と思いましょう。

そして、

丁寧な仕事(うつわ)は、この場所とこの暮らしから

生まれていると、正に実感しました。

 

濱田ご夫妻には、

10月の作品展 → «新蕎麦と美味しいうつわ展»に

参加出展していただきます。

 

 続く

 

 

 

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
常設取り扱いのうつわ

杉浦眞作 鉄釉湯呑

伊賀在住・杉浦眞さんの粉引き鉄釉の面取り湯呑です。

日々の暮らしの中でこれこそ、育て甲斐のあるうつわ

ではないでしょうか。

父の日が過ぎてしまいましたが、まだ今からでも

是非。

 

備前焼き 木村肇作 削り湯呑

そしてお勧め2番目は、

備前焼一陽窯の木村肇さんが、先日窯出しされた

削り仕上げの面白いフリーカップです。

全体がみえませんが、カップの見どころだけでも

ご覧ください。

やや見た目より重めですが、

手の中でしっくり・・・なじむ感

きっと納得していただけると思います。

実物はギャラリー栂にて。

 

 

 

 

備前焼 木村肇作ワインカップ

今日のラスト!

やはり同じく備前焼一陽窯 木村肇さんの

備前ワインカップ ↑

お酒の味をじっくり味わいたい方のためのうつわです。

 

やや小さめのワインカップですが、自分時間を過ごす時

心地よさを楽しんでいただけるはず!

 

うつわの役割を体感くださいませ。

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
吹きガラスの魅力

吹きガラス

数種類の色ガラスを巻き込んで作り出す美しい模様

 

繊細な細いガラスを幾重にも巻き付けて

生み出すレース模様。

美しさはとても贅沢な雰囲気。

 

 

本日3日(土)作家在廊です。

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今日は母の日、プレゼントはもうお決まりですか?

杉浦眞作欠き落としのうつわ

伊賀上野在住の杉浦眞さんの欠き落としのうつわと

赤絵のうつわと鉄絵のうつわが入荷しています。

 

杉浦眞作欠き落としのうつわ

暫く常設にて取り扱ってまいります。

是非お手に取ってご覧くださいませ

 

 

 

更紗

 

ギャラリー凛より更紗のショールが届きました。

品のある落ち着いた色合いのものばかりです。

 

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | -
4月の企画展 只今開催中

花岡 央ガラス展

ガラスの美しさに心和む季節です。

花を一輪入れることで、そこにある空間は美しさを増し

安らぐ時間を持つことができます。

 

 

花岡 央吹きガラス展も残すところ明日 明後日30日まで

となりました。

この機会にぜひ会場へ足をお運びください。

 

↓店内からテラスの向こうにある景色

新緑に癒されます。

 

 

 

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
備前焼作家 高力芳照さん

なごみ

先日お客様からの依頼で、備前焼作家の高力さんの

工房を訪問。

随分ご無沙汰していましたにも関わらず

変わらぬ丁寧な対応に感謝でした。

金重素山先生の元で、修行されていた時から変わらず

とても穏やかでシャイなお人柄の作家さんです。

久々に作品を拝見しながら感じたことは、

金重家で学ばれた土との向き合い方を守られ、

それはとても真摯で、素晴らしかったです。

 

 

 

 

なごみ 1月号

そして、伺っていろいろ楽しいお話しもさせて頂いていると、

この↑本を見せて下さいました。

≪なごみ≫2017年1月号の中に高力さんが

取材を受けられ、紹介されていました。

 

 

 

 

高力芳照作 片口

備前の伝統工芸を引き継いでいくことは、決して華やか

ではなく、地味な世界ですが、

このように若い作家さんが、

沢山の方に知って頂ける機会に恵まれたことは、

嬉しいニュースでした。

 

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
入荷のお知らせ

青備前の蕎麦猪口備前焼蕎麦猪口

先ずは ↑ これ備前焼の蕎麦猪口です。

 

日常使いのうつわの中でも、

蕎麦猪口はなかなか用途の広いうつわ。

ほとんどがお蕎麦のつゆ入れとしてが一般的です。

しかし、この大きさですと、それだけに限らず

ビールやお茶用として、デザート用のうつわ、

コーヒーやはたまた茶わん蒸し用としても

出番の多い大きさのうつわです。

只今ギャラリーにて取り扱いしています。

 

柴田好浩作 蕎麦猪口 一客 2500円

 

 

 

越前塗

また↑ 越前塗のカップ椀の色違いが入荷致しました。

ダークグレーと金茶。

モダンな雰囲気の椀です。

実物を是非ご覧ください。

 

一客 2000円+税

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 15:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
いよいよ来週から

李慶子作品展

7月に入りましたね!

2016年が折り返しです。

 

さて来週から≪李慶子吹きガラス展≫が始まります。

初日 7月5日(火)は、李さんも在廊して下さいます。

去年は個展していただいてない為、なんだか久々の感じすらします。

 

暑さを忘れさせてくれる、涼やかな透明作品だけに

是非 是非ご覧いただきたいものです。

 

作品展は、いつもですと日曜日が最終日なのでが。。。

17日(日)が第3日曜日に当たります為、

今回最終日のは16日(土)までです

 

 

 

| ギャラリー栂(とが) | うつわ | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ