ブログ

岡山県『ギャラリー栂(とが)+蕎麦栂』
日々のお知らせと、思い。
内山直人作品展

作品展示風景

明日から始まります

内山直人作品展、先ほど準備が完了です。

 

2017年を締めくくる作品展です。

※作家在廊:12日・16日・24日

 

そして

平成12年12月12日が始まりのギャラリー栂

の誕生日でもあり、明日は午後3時より

作品展期間のみですが《カフェ》もopen致します。

 

明日はギャラリーにお越し下さるお客様には

お茶のサービスもさせて頂きます。

一緒に祝って頂ければ幸いです。

どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
木口秀一 楢の作品展

昨日から木工作家の木口秀一さんの作品展がスタート

した、栂です。

毎回楽しみなのが、作家のユニークな発想から生まれる

アートな小物。

今回もいろいろ登場です。

掛け時計 SUN

壁掛け時計の「sun」 

ご覧の通り太陽がモチーフです。

ごくごく普通の作家さんなら、光を表現した棒は

きっと真直ぐでキリリ!としたものを使われることでしょう。

しかし、木口さんの気持ちは、違いうのです。(笑)

わざわざ・・・削っている棒なのです。

手間をかけるというより、

ここが作り手の「太陽」のイメージと思ってご覧ください。

 

力強くなく、キリリ!でもなく、しかしどこかほのぼのとした

「太陽」が家の中あるだけで、ほっこりします。

 

 

掛け時計 マンボウ

 

これは壁掛け時計の「マンボウ」

お誕生祝いや、入学祝いにお勧めしたいイッピンです。

 

ぐいのみ

 

そして、今回珍しい作品の一つが「ぐい飲み」

のんべいさんでないことが分かりますが・・・(笑)

でも美味しいお酒を飲んでいただけそうです。

 

皆様のご来場お待ちしています。

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
木口秀一 楢の作品展

木口秀一 楢の作品展本日より始まります。

今回は、新作の時計が登場!!

そして、いつもの額の数々。

是非是非会場にて

ご来場お待ちしています。

 

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今の企画展【和紙の可能性供

和紙の箱

2年はぶりの和紙の作品展

「梅田剛嗣作品展・和紙の可能性供廚始まりました。

和紙の力を理解した方だけに、またまた進化されて

楽しい使い方を提案してくださいました。

もともと表具屋さんから始まった「わがみや」さんですが

今の暮らしの中で楽しんでもらえる和紙の製品を

考えられての今でもあります。

 

屏風

今回も宇宙を感じさせる、素敵な屏風が登場しています。

モダンな洋風建築の住まいにとても良く合う作品です。

 

 

 

和紙製の箱  

そして今回もぜひぜひご利用頂きたい箱 ↑ が

大小勢ぞろいしています。

箱?何を入れるのか?

想像していただけるところが、魅了的かと思うところですが、

前回、ご来店下さったお客様の箱活用についてとても

共感するご意見を頂きました。

 

それは、ご自身が亡くなった時に家族の手に託す

棺桶の中に入れてほしい大切な思い出の品々を、

今から準備する箱です!と

言われました。

 

そのお話に、とても共感しました。

なるほど!! 

自分があの世に持っていきたい品を選び、

ここに入れて行く作業と、その日の家族への配慮。

心から素敵な考え方!を学ばせて頂きました。

 

どうぞ箱をご覧頂き、ご自分の大切なものは?

と断捨離にお出かけ下さい。

 

 

 

 

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 09:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
来週より

梅田剛嗣 作品展 【和紙の可能性供曚始まります。

先日新聞に取り上げて頂いた記事です。

 

https://okayama.keizai.biz/headline/572/

 

梅田さんの和紙作品が進化続けています!

和風の作品のようで、和風じゃない!点が

気持ちそそられます。

 

この機会に和紙の良さを感じて頂けます様に。

 

初日31日(火)は作家・梅田さん在廊です。

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
OBI TOKYO佐藤紀子帯bag展 3日目

帯bag

黒の帯に鳥   ¥15000

 

 

 

帯bag

七宝唐花菱名古屋帯bag ¥20000

 

お問い合わせは、電話:0869−92−9817で

お伺いしています。

 

本日ご予約が入りました時は、ご容赦下さい。

 

 

 

帯bag

鼠ゴールドの渋い輝きbag  ¥16000

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
佐藤紀子 OBI TOKYO bag展

bag

今回初めて登場しました、ちりめんの布を使ったバッグです。

ちりめんの生地を帯に張り合わせて、しっかり仕立てられた作品と

なっています。

※アンサンブル(バッグ+共布のショール)

とてもオシャレ!!です。 ¥25000

 

紺地に金の縞模様の帯地の珍しいbagです。

これこそ Only one

このバッグで颯爽と街を歩きたいものです。  ¥15000

 

お問合せは、メールまたは電話にてお願い致します。

 

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
古山コスミ作品展

岡山市在住の女性写真家・古山コスミさんの

作品展が始まり、本日4日目。

初日18日に、オープニングパーティーを開き

お陰様で、お客様(コスミさんのファンの皆様)に

沢山のエールを頂いてスタートを切りました。

 

毎回思うことは、コスミさんの明るい笑顔と

元気いっぱいのやる気に、魅力を感じて

お集い下さる方々が多いことです。

 

勿論!作品にはパワーが溢れています。

全開です。

このパネルの絵(布に写真プリント)もその一つ。

古山さんならではのアイディアで出来ています。

 

古山さんが写した花の写真を、スカーフに仕立て

それをパネルに仕上げて飾ることも出来るようになっています。

裏の板を外せば、一枚の大判スカーフとしてお使い頂けるのです。

 

これは考え方がとても合理的で、ユニークな作品ですよね。

今現在、ギャラリーの大きな壁に3枚かかっています。

これは是非ご覧いただきたいイッピン。

 

私が思うに、このパネルのまま大切な方への贈り物にすると

きっとサプライズ!!特別感で喜んで頂けるはず。

 

そして、今回の作品展のなかで面白い??

立体作品が、

 

この↑bagです。

モデルがカメラ担いでいる為、お見苦しい点はお許しください。

 

このアイディアも、コスミさんらしくて今回の驚きです。

 

従来のパネル張りや額に入れた写真を

立体作品にしてしまわれたのですから。。。。

 

写真はコスミ作品ですし、bagは皮性です。

仕立て屋さんに依頼して仕立てられています。

 

雨にも光にも強いコーティング加工済みなので、

一年間は自信をもって保証します!と

おしゃられていました。

そうなんです! 大丈夫!なのです。

 

オンリーワン♬

オシャレのお供にお薦めです。

 

いやはや、こんな写真展になるとは

私自身も驚いています。

 

必見!

面白がりさん、集合願います!

 

会期は10月1日まで 

尚25日はお休みです。

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | -
水谷好恵作、YOSHIE シルバーアクセサリー展

シルバーアクセサリー展 始まりました。

今回も会期はいつもより短くなっております。

最終日が、16日(土)です。

どうぞお見逃しなく!

 

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
YOSHIE シルバーアクセサリー展

シルバーアクセサリー展

シルバーアクセサリー作家の水谷好恵さんの

作品展が、今回は

会期が9月10日(日)〜16日(土)

会期がいつもの作品展とは違うスタートです。

そして、会期も短いですので

くれぐれもご注意下さい。

 

彫金とは少し趣が違う、シルバークレイの

YOSHIEのアクセサリー

オリジナルデザインを目指し、

個性的なアクセサリーを展開中です

 

是非会場へ足をお運び下さい。

 

 

| ギャラリー栂(とが) | ギャラリー企画展 | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ