ブログ

岡山県『ギャラリー栂(とが)+蕎麦栂』
日々のお知らせと、思い。
少し早足

4月に入り、寒さに震えあがった第一週。

みぞれが降った日も有りましたが、

自然界は刻々と花の春へ。

そして、私は。。。

9日からの作品展の準備も9割整い、

一昨日は春の陽気に気分ウキウキと

電車とバスに揺られて、広島県福山市の

ガラス作家・小林亮二さんの工房を

初めて訪問してきました。

 

 

コバルトグラスラボ

 

今年は取材と称し、

ミニ旅と作家紹介の取材を兼ねての

外仕事です。

 

入口入るとすぐの棚には、端午の節句用

吹きガラスで作られた兜がずらりと並んでいました。

5月。

そして、奥の部屋には窯があり、

この日は、ガラス教室の日で

生徒さんが自由に作品作りを

されていたようです。

 

 

工房

工房の中は、窯に火が入っている為(窯の中温度・1200度)

かなりの暑さ💦

 

工房の中を見渡すと

硝子制作に必要な道具・工具も

あちこちに沢山置かれています。↑

 

使う道具もいろいろ

道具見てるだけでも、手仕事感が伝わってきます。

 

これから夏へと向かうとこの工房の中の室温は?

 

ちょっと想像できない暑さで有ることは

分かりました。

 

撮影

仕事が一段落つくのをお待ちして、

5月のゴールデンウィーク後から開催予定の

個展について打ち合わせ。

そして、今まであまりお話していなかった

ガラス作家を目指したプロセスと、

作家としての今と、今後についての

あれこれを語って頂きました。

 

 

ガラス工房へ

 

つづく

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
作家さんに逢いに

3月の企画展

【yumizu 坂田真由美のひとつだけのまえかけ展】の

最終打ち合わせと、お客様に是非お伝えしたい

坂田真由美ストーリーの取材?に大阪まで行って来ました。

 

yumizu

工房yumizuの玄関

 

yumizu

工房の中

 

 

栂でのまえかけ展も今年で3回目を迎えます。

まだ2度開催しただけですが、

まえかけファンの多さに驚くとともに

坂田さんのまえかけに対する情熱が、

どんどん進化し続けている事を

素晴らしい〜と思うのです。

 

それは当たり前の様で、当たり前じゃない。

 

炊事仕事だけでつけるのが普通のまえかけで

坂田さんがデザインしたユニークで

おしゃれ度満点のまえかけは、いったいどこで

どのような方が愛用されているのか?

とても知りたいところです。

 

今回坂田さんの地元大阪に伺い、

沢山の方に愛され続けている理由を

改めて知ることとなりました。

 

坂田真由美 まえかけ

3月に登場予定の素敵なまえかけ↑

坂田真由美作 逸品まえかけ

dmにのっているまえかけ↑

いずれも一点モノです。

 

夕暮れの工房の様子 ↑

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
進行形

嬉しいことが続くと、気持ちが元気になります。

先日、メッセージが届きました。

「日曜日にお蕎麦食べに行きます」と。

仕事が落ち着くと、旅に出る〖旅するパン屋〗さんから

でした。

そして、日曜日。

彼女が焼いたパンを携えて。。

いつもの素敵な笑顔で来てくれました。

 

旅するパン屋

彼女が焼くパンは、最高に美味しいパンなのです。

残念ながら、パンを購入するには

時間とチャンスに恵まれなくては食べることが

難しいのです。

が・・・

 

昨日、彼女は休息を兼ねて

岡山で大切な用事がある流れにのせて、

栂へ寄ってくれたのでした。

 

現在、企画の準備も始まり間もなく、

企画に参加して貰いたい作家を発見!

思いを寄せた遠方の陶芸女子に、

予想を超えた急展開でご縁が繋がり

今嬉しい方向へと進行形であること、

その嬉しさを彼女にも早速報告出来ました。

 

この秋栂で

その美味しいパンをお召し上がりいただける

予定です。

 

〖一歩前に〗進行形です。

 

 

 

 

 

 

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
長くかかったけれど。。。

「やった〜!」と大きな声で叫びたくなった今日。

 

幾つにも割れた備前焼きの花器を、

やってみます!と意気込んでお預かりしてから1年半?

そのバラバラになった陶片は、手強く

思った通りにはならず・・・

想像していた以上に苦戦した日々。

 

やっぱり何年やっても、金繕いは奥は深い仕事

 

ギャラリーの仕事の都合で、教室を

お休みすることも多かった一年半でもあり、

(言い訳ですが・・・)

ここまでお待たせすることになるとは・・・

お客様には本当に申し訳ない日々だった。

 

何度か栂へお越し下さり、その都度「いいよ!良いよ!」よ

優しいお言葉を掛けて下さった御陰様で、

ここまでこれた私。

 

じっと静かにご指導下さった小石原先生。

特に最後の最後に。。。止まらない水漏れに

閉口した日も。。

割れたところは見た目しっかり着いていても

水は中で、新しい水みちを作るといわれ💦

漏れ箇所を埋めても、埋めても次に違う場所から水がじわ〜〜と

沁みてきた。

 

そんな!!そんな!!と

凹んだ私を

先生は、そうなんだよね、それがあるから難しい。

 

しかし

今更諦めるなんて出来ないじゃありませんか!

今年の納めを気持ちよくするためにも

最後の手段を使い

やりました。

 

 

とても勉強になった花器の繕い。

 

諦めるわけにはいかないお預かりのモノだったから

出来た気がする。

お待ち下さり有難うございました。

 

さぁ来週はお届けに行って来ます!!

N様お待たせしました!!

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
今日から薪ストーブ

薪ストーブ

 

和気町清水もいよいよ冬に。

今朝は霜が沢山降りて、寒い朝になりました。

 

早速薪ストーブに火を入れました

薪ストーブ

 

心地よい温かさです。

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
大人の遠足 田中一村展

 

 

 

スッキリしないお天気が続き、大型台風に

翻弄された先週4日

予定していた《大人の遠足》も諦め

一週間延期しての11日は

青空いっぱいの遠足日和に

佐川美術館 田中一村展

www.sagawa-artmuseum.or.jp/plan/2018/02/110.html

会期終了真近とあって、鑑賞者の多い事!

なかなかゆっくり鑑賞は出来なかったものの、

素晴らしい建物環境に浸る時間を持つことが出来

やはり、思い切って足を運んで正解でした。

 

 

 

佐川美術館 楽吉左衛門

 

近年、美術館の建物は、自然を取り込む事と

意外とユニークな環境の中に

立てられることが多くなったと感じています。

 

ここもその一つ?

 

いえいえ周りは琵琶湖を傍に控えた、自然豊かなばしょです。

交通の便は少し悪いかも知れませんが・・・

 

琵琶湖から吹きてくる風の通る場所。

そして、佇まいは素晴らしい!

庭の木々だけでなく、水を取り込んだデザインの美しいさは

格別!

 

人の五感を刺激(水の流れる音・水面の表情)し

こころを癒すデザイン(設計)表現に徹していました。

 

贅沢な空間つくりに驚かされ、

それらに、ずっと居たくなる

心地よさを味わうことが出来ました。

 

田中一村展は17日(日)まで

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
嬉しい日

10年目にして逢えた人

トンボ玉作家・田上恵美子さん。

岡山では初めて個展されると案内頂き、

このチャンス逃せない!と、飛んでいきました。

 

https://www.facebook.com/noriko.toga.7

 

ギャラリー栂ではこの9月末に

作品展をして頂きます。

 

お楽しみに!

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
日本茶の淹れ方ワークショップ

レクチャー

先日20日開催致しました  ↑

【日本茶の淹れ方ワークショップ】の様子です

 

沢山の方に参加頂け、

お陰様で楽しくとてもにぎやかな会となりました。

 

講師を勤めて下さった、

青山氏のお茶の説明は笑いあり!冗談あり!

そして何よりも地元岡山のお茶生産と

それを普及させるシステム作りは、とても大変だった

ようです。

しかし、彼のポジティブで、地元愛の強さと

本気!は、

その山を越え、今も努力されているお話しが

心に響きました。

 

美味しいお茶の淹れ方

前日に出来たばかりの新茶は、美しい緑色。

 

茶筒に鼻を近づけると、筒の中から

甘い香りと、少し青い香り。

繊細で、爽やかな香りを放っていました。

そして、

説明頂いた通りの淹れ方を各自で、実践。

 

一煎・二煎・三煎

 

何度でも美味しいお茶の味に全員が感動!

 

 

李さんの器に美しい新茶

 

新茶を入れたうつわは、

勿論 「李慶子作」です。

 

 

そして最後は、茶器に残った茶葉を

そまま食べて頂きました。

これが誠に美味しい(*^。^*)のです。

 

捨てるには勿体ないくらい。。。

 

http://hikiryomon.jp/

 

参加頂いた皆様にとても喜んでいただけましたので

また期をみて開催出来ればと思っています。

 

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
愛媛県立美術館

熊谷守一展

 

東京での《熊谷守一展》には行けなかった心残りを

四国松山で。

 

和気から松山まで、電車を乗り継いで約3時間。

お天気に恵まれ、車窓からの景色も美しくて

爽やかな気持ちの良い一日遠足でした。

 

先日の瀬戸内市立美術館の清宮氏の作品も心打たれる

展覧会でしたが、

同じ時代を生きてきた画家

熊谷氏の長い画家活動の流れを、作品を通して鑑賞でき

人となりと合わせて知ることが出来た展覧会。

http://www.ehime-art.jp/info/?p=577

作品点数の多さも驚きでしたが、

70年間の変化の大きさも、驚きでした。

 

命に向き合う画家。

素晴らしかったです!

 

 

 

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
料理&食

精進料理家・藤井まり

横浜に暮らす妹が、仕事の関係でお付き合いのある

精進料理家・藤井まり先生と栂へ。

 

妹は年に1・2回岡山に無性に帰りたくなるらしく、

その虫が起きての帰省だった。

それに藤井先生が合わせて下さっての岡山入り。

 

世界中を精進料理の普及と指導に歩かれている

パワフルな御方とは伺っていたけれど、

お目に掛かり、ご挨拶もそこそこにお話しされるお姿は、

いやはや想像以上の行動力とパワーのある方で、

圧倒される、、、される、、、💦

迫力満点!!

 

しかし、とてもチャーミング♡(目上の方に失礼ながら)

 

栂の蕎麦を召し上がって頂き、いろいろお話ししながら

今後の事も飛び出す、驚くばかりの展開!の昨日だった。

 

蕎麦屋を営む息子には、いろいろやりたいことがあるらしく

たまたま愛読していた《精進料理辞典》の

著者:藤井宗哲氏こそ、藤井まり先生のご主人様と

分かり、感激した様子だった。

 

藤井先生からも「本を持ってて下さって有難う!」と

言って頂いた。

 

またまたこちらが恐縮。。。

 

 

何処でどんなご縁がうまれるか?

いつもながら嬉しくもあり!!

驚くばかりの昨日だった。

 

まだ決定ではないけれど、きっと近いうちに

藤井先生の精進料理と、息子の打つ蕎麦との

ご飯会が実現できる日が来るはず。

 

これからの楽しみがまた増えたことが、

ともかく嬉しい。

 

 

| ギャラリー栂+蕎麦栂 | 今日この頃 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ